楽園喪失

脳と直結(徒歩1分)

感謝の映画感想

昭和天皇物語という漫画がめちゃくちゃ面白くて…という話を人にしていたら、日本の一番長い日という映画を教えて頂けて、そしてそれが最高だったという感想のブログです ついでに日記

Amazon

 https://www.amazon.co.jp/dp/B016MC4X5W/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_rigxCbNEF96G4

ちなみに2015年版を観ました

人間ドラマとしての映画感想のため、これといった思想もなく知識などはバブちゃんですのでそのように…

 

もともと大正ロマンが好きで、そこから戦前までの生活文化とか初心者向けの開戦までの色々を読んだりしていたのですが、

丁度去年に最後の御前会議周辺のハフポストの終戦まで日付ごとに追っていく記事を見て、

【戦後70年】まだソ連に望みを託す日本 1945年8月8日はこんな日だった | ハフポスト

御前会議の内容を振り返ったものも見て、

史料紹介―最後の御前会議における昭和天皇御発言全記録 | チャンネルNippon

ウワーーッッッッもっと見たい!!!!と思ったところだったので、こんなタイミングで教えてもらえることがありますか?(ありました…)

 

この映画、ここ数年で読んだ本の情報が全部情緒になってやってきたという感じで本当に最高でした、進研ゼミでみた!

間に解説セリフなどが入らないので、生きている人達の様々な事柄として観ることが出来て、これが空想の物語でも真偽が不確かな古代の歴史なのでもなく、ほんの数十年前に起きたことだということが良く分かり大変ワッと来ました

 

本では実感しきれない部分が映像になることで(これも元は書籍みたいなので適切なアレじゃないかもしれないけど)、世界の動きによって国内も決定も変わっていくということだけでなく、役職のある一人一人にも希望や理想、共に過ごしたい人々や過去の経験から続く生活があって、それをもとにして社会での立場としての在り方があり、思惑があるんだよなあと思いました

(思惑ということが、自分の中では漠然と「所属する組織の利益が個人の思惑」なイメージになっていたので)

 

主人公というか主軸に、陸軍大臣とクーデターの一員の少佐が描かれていたのが凄く良くて、どちらも初心者向け解説系の本を読むだけではどうしても、役職として・組織として・時代のその立場の人としてのイメージになるんですけど、それがメイン人物として描かれることで、それぞれが一人の人間として存在していた

 

残っている武器を紹介されてる首相が「まともな武器はもう残ってないんだね」と呟く場面で、同時に(本土決戦になったとしても訓練された軍人にはつうじる訳の無い)婦女子の竹槍訓練が映されるところ、もう全て終わってしまってるんだな…というのを絶対に観客に伝えるという見せ方が、後半のクーデターでの畑中らの悔しい気持ちにも効いてきて辛い

 

また、その後(か前?)に、東条さんがあちこちを鼓舞してまわっているというところでも、陛下と侍従がヒメジョオンを抜いて手入れをしているシーン、「国内固有の種は上手に調和しますが外来種は繁殖力が強うございますね」という旨のセリフをここに差し込むのも、もうこの国がこのままでは斜陽なことを示唆する演出な気がして、鼓舞されて盛り上がる若者たちとの対比に、後半に向けての着々とした下準備を感じる

 

徹底抗戦に関しては中堅の人達の思いが凄く強かったそうだけど、もう勝ち目の無いことを受け入れられない、経験も多く優秀な階級が上の人と比べて、国体護持のための先を見る力という点について…ということだけではなく、ここにも願いと希望と国を思う気持ちがめちゃくちゃにあってのことだったんだよなあとハッとしました

どうなってしまうのか、確たる安心が何もない降伏ですもんなあ…

 

当時の一般人の写真や日記が公開されるなどして、我々と同じ悩みや喜び・表情を見て同じ人間なんだな~と感じることも多々あるけども、やっぱり戦前戦時と現在、しかも当時は一般人と華族でも価値観や生き方が全然違うような社会のつくりなので、この辺りのことを感情的に見る場合は当時の人の感覚で見なければならないと思うのですが、この映画、過ぎ去った歴史の中の一コマとして沢山の資料と結果を用意して遠く離れた場所から見てこの判断が…という立場としてではなく、観ている自分も含めた全てが、渦中の人として観られるようになっていたということが凄く良かった

その割にはわざとらしい涙頂戴の演出も無く、ただただ人間達がそこに在るので、なんというか塩梅が非常に良かったと思いました

 

でも解説が無いのが良かったのではあるけど、ここ数年色々読んで知ってたからサイコーと思えたところが多々あり、例えるとメギド72の本編で何気なくみたものが、キャラストを見ることで意味を知るみたいなのが割と全編だったので、読んでおいて本当に良かったと思いました

 

サイコ~~~な映画を教えてくれてありがとうございました~~~ッッッッッッLove……

 

読んでおいて良かったな~と思ったやつ以下に…生活を感じるのが好きな人にとっては多分全部面白いので是非…

 

■戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗(加藤 陽子)

https://www.amazon.co.jp/dp/4255009406/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_AeixCbTKQPN5M

■それでも、日本人は「戦争」を選んだ(加藤 陽子)

https://www.amazon.co.jp/dp/4101204969/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_6fixCbJ2WFN7N

華族令嬢たちの大正・昭和(華族史料研究会)

https://www.amazon.co.jp/dp/4642080546/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_dlixCbBMAXW0D

■「月給100円サラリーマン」の時代: 戦前日本の〈普通〉の生活( 岩瀬 彰) 

https://www.amazon.co.jp/dp/4480434267/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_ghixCbPNRTBFF

今日の昼寝で見た夢

‪昼寝で見た夢、私の家のテレビ、今リモコン無くて見れないことを知ってる人に「あれは見れないの?」て聞かれて「?」と思って見たら少し古い大きめのテレビとビデオデッキが高めの位置にあり、全然気づかなかった、きっと前に住んでいた人が置いてってくれたんだな、やった〜と言ってたら、いつもの玄関の横手にも廊下があって(濃いめの木の床)その廊下沿いに使って無い和室が2部屋と、古めの作りの台所、でんぐり返しできるくらいの広い玄関があり、南京錠で鍵をかるだけの扉があって

 

玄関には低い3段くらいの棚があって盆栽が並べられていて、手入れしてないのに枯れないんだ、盆栽って強いのかな?と思った

でもこのままにしてたら全部殺しちゃいそうだし売りに行こうかな…などと思いながらいた

 

和室も木目の廊下も石の埋めてある玄関も、絶対ある程度の金持ちが住んでた家なんだよね

 

もう4年住んでるのに全然気づかなかった、めっちゃ贅沢じゃん!と言ったら遊びに来ていた人にやや冷たく「だから羨ましいって言ってたんだよ」て言われて申し訳ない気持ちになりながら「そういえば確かに家借りる時、一人暮らし用にこっち(いつもの方)付け足してるんで、あっちの玄関は南京錠なんですけどお隣さんくらいしか入ってこれる人いないんで!て言われたんだったな…」と思った

 

起きてみると使って無い部屋や玄関が家の中に存在してるの怖すぎだし冷たくされるの悲しいし全部夢で良かった…と思ったので悪夢

新しいストーリーの気持ちの整理です

これはゲームをやって、キャラを獲得してキャラを育てて自分でストーリーを解禁して初めて言えることかと思うので、私にはその資格が無いながらも給料入ったら必ず行くし解禁するからという保身行動しておく

めちゃくちゃ勝手な暴言なので

 

メタバ、新しいキャラやストーリーが出て、エクレール~ティフォン編が完結しましたね

どうしても無理でブログを書いてしまった

リヒトシュッツェとオールドブルーをああいう風に使うストーリーがどうしても無理

公式はリヒとブルーはどうでも良かったのかな

リヒトシュッツェ、ワイズマンへの執着の続きを出すために、軽率な共闘と軽率な自爆をするなら出てこないでほしかった

自爆するなら、ワイズマンに執着してここまで追ってきて、なぜワイズマンも巻き込んで殺さないのか

感情を得たことで性能が落ちて正常な判断が出来ずという訳ではないじゃん、撒くのは難しいなと言われているから

このストーリー自体というかメタバの世界観自体が、「感情を得る=力を得る」という概念なので、感情をプラスとして捉えなければいけないのは分かるんですが、ストーリー作ってる人と人生の解釈違いなんでしょうねきっと

リヒトシュッツェ、シカトリス、どちらも感情を得ることで本来の性能は落ちるのではと思っていたのが間違いだったんでしょうね

感情を得ることで、本来の目的への性能(力や機能)が落ちるかわりに人間の心の動きや、無血の交渉の力、幸福のための力の使い方を考えることが出来るようになるのかと…

そもそも、人間側である三姉妹がティフォンに対して一切の無血での打破を念頭に置いていないところで人間は頭で物事を解決するという世界観では無いのだと思いますが…

原始の、各々の悪いものと戦い戦禍で地球を駄目にしてエクレールを作った人間の時と、何も変わっていないという表現なら素敵だと思うけどそんな未来の無い終わり方何故って感じなので多分違うと思うし

 

ティフォンも、そんなに悪いか?と
誰からも理解されないにほどにしてはカリスマがあるわけでもなく、吸収しなければ絶大な力も無く、部下を上手く使えるかというと感情で吸収して駄目にしたり、小物で可愛らしくて好きなのですが、それは別として、感情で好き放題していたティフォン、もう少し王らしい格好良い場面があっても良かったのでは…と思うなどして…

人間臭いなら人間臭いなりに主人公を助ける側の悪者でも良かったのでは…

ずっと思ってたんですけどキスクク吸収、メインフレーム的に見たら大正解の選択なのにメインフレーム勢から圧倒的不支持なの意味が分からなくて、丁重にキスククを墓に埋葬する人道的なことが正義で、キスククにとって意味のある死だったのか?

知りませんが

 

色々ありながらもここまでメインフレームを支えてきたティフォンを倒すことで、どんなに頑張っても、直後も三姉妹が寿命を迎えた後も色んなプログラムや人間が犠牲になるのは必然というストーリーですが、その部分の責任を三姉妹は全く持たないんだよな

皆に施して、施しが受け入れられて愛されて寿命を迎える三姉妹

ティフォンに涙を流した一般人・一般プログラムはいたんだろうか

ストーリー的に、ティフォンは圧倒的悪という役割だったので同情を入れる必要が無いということなのかもしれないけど…

 

オールドブルーについては彼のストーリーの終わりでああやって終わったのに

その後普通に生活してるんかい、で急にキャラが変わったこともなんか割とどうでも良くなったので良いです

 

なんというかツイッターにも書いたけど一言で言うと、

世界にとっての悪という設定のキャラクターを、正義という設定のキャラクターが倒すストーリーのためにキャラクターが捻じ曲げられたのが無理という話です

 

これだけ書いたけど、某ゲームじゃないが、ついていけないファンは切り捨てられた方が良いんだなと我ながら思う

ツイッターで全く炎上してないので、これは20代後半女の感性で読むストーリーでは無いということ

私が間違いなんですよね

スタッフコメントでもストーリーの話全然触れてないし、ストーリーにそんなにグチグチ言うゲームじゃないということです

ゲームは好きなのでやるし暴言はいたのでせめてワイズマンまではとりたいです

ゲーセンで見かけても殺さないでね

 

文句を言うのが間違いなんですよね

Why・OGATA・TITATAPU?

オガタ何故チタタプした?????

本誌読んでないから変なこと言ってたらアレです

(何を言ってるか自分でも分からないので何を言ってるか分からないなあという記事)

 

チタタプと発言する事は、読者目線というか物語目線では信頼や親しみや圧倒的味方の象徴じゃん

でも登場人物目線というか物語世界の中ではチタタプと言ったところでアシリパさん以外からの信頼を得られるわけでも無し、言うメリットは無いじゃん

かと言って気まぐれでチタタプ言う男かよオガタ~~!!!!聞こえもしないチタタプをさ~~本当のチタタプとか興味ないでしょ…

裏切るのになぜあのタイミングでチタタプ言った!??あのチタタプ演出は!?!?

 

目的なんて回想のアレが全てなのでは…

不死身の杉元は生きているかもしれんぞ言ってるしな、勇作を失ったアシリパは…ウッ

祝福される人生…

いま11巻人に貸してるから回想読み返せないよお~

スギモトとオガタ、スギモトの幼少は出て来てないけど杉元があれだけ感情的なのは多かれ少なかれ祝福された人生があったからなわけで…

いやこれは知らんわ、これは知らん

すみません

 

今のとこほぼ自暴自棄と同義みたいなヒャクノスケ・オガタにご期待!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1

あんな生き方して誰からも愛されるわけがないんだよアシリパさん以外に~~~

でも分からないんだもんな~~~ア~~~~~~~!!!!!!!!!

 「しっかりしろ 元気を出すんだ 行こう アシリパ…」、オガタが出来るスギモトじゃないですか、勇作を失ったアシリパに対する勇作なのでは… 思想が偏っていますよ、いけない

エンッッッッッッッ

でも端から読んでるから自暴自棄に見えるけど死に場所探してるわけじゃね~もんな、

オガタはまだ人生の真っ只中なわけで…

ハア………