楽園喪失

脳と直結(徒歩1分)

新しいストーリーの気持ちの整理です

これはゲームをやって、キャラを獲得してキャラを育てて自分でストーリーを解禁して初めて言えることかと思うので、私にはその資格が無いながらも給料入ったら必ず行くし解禁するからという保身行動しておく

めちゃくちゃ勝手な暴言なので

 

メタバ、新しいキャラやストーリーが出て、エクレール~ティフォン編が完結しましたね

どうしても無理でブログを書いてしまった

リヒトシュッツェとオールドブルーをああいう風に使うストーリーがどうしても無理

公式はリヒとブルーはどうでも良かったのかな

リヒトシュッツェ、ワイズマンへの執着の続きを出すために、軽率な共闘と軽率な自爆をするなら出てこないでほしかった

自爆するなら、ワイズマンに執着してここまで追ってきて、なぜワイズマンも巻き込んで殺さないのか

感情を得たことで性能が落ちて正常な判断が出来ずという訳ではないじゃん、撒くのは難しいなと言われているから

このストーリー自体というかメタバの世界観自体が、「感情を得る=力を得る」という概念なので、感情をプラスとして捉えなければいけないのは分かるんですが、ストーリー作ってる人と人生の解釈違いなんでしょうねきっと

リヒトシュッツェ、シカトリス、どちらも感情を得ることで本来の性能は落ちるのではと思っていたのが間違いだったんでしょうね

感情を得ることで、本来の目的への性能(力や機能)が落ちるかわりに人間の心の動きや、無血の交渉の力、幸福のための力の使い方を考えることが出来るようになるのかと…

そもそも、人間側である三姉妹がティフォンに対して一切の無血での打破を念頭に置いていないところで人間は頭で物事を解決するという世界観では無いのだと思いますが…

原始の、各々の悪いものと戦い戦禍で地球を駄目にしてエクレールを作った人間の時と、何も変わっていないという表現なら素敵だと思うけどそんな未来の無い終わり方何故って感じなので多分違うと思うし

 

ティフォンも、そんなに悪いか?と
誰からも理解されないにほどにしてはカリスマがあるわけでもなく、吸収しなければ絶大な力も無く、部下を上手く使えるかというと感情で吸収して駄目にしたり、小物で可愛らしくて好きなのですが、それは別として、感情で好き放題していたティフォン、もう少し王らしい格好良い場面があっても良かったのでは…と思うなどして…

人間臭いなら人間臭いなりに主人公を助ける側の悪者でも良かったのでは…

ずっと思ってたんですけどキスクク吸収、メインフレーム的に見たら大正解の選択なのにメインフレーム勢から圧倒的不支持なの意味が分からなくて、丁重にキスククを墓に埋葬する人道的なことが正義で、キスククにとって意味のある死だったのか?

知りませんが

 

色々ありながらもここまでメインフレームを支えてきたティフォンを倒すことで、どんなに頑張っても、直後も三姉妹が寿命を迎えた後も色んなプログラムや人間が犠牲になるのは必然というストーリーですが、その部分の責任を三姉妹は全く持たないんだよな

皆に施して、施しが受け入れられて愛されて寿命を迎える三姉妹

ティフォンに涙を流した一般人・一般プログラムはいたんだろうか

ストーリー的に、ティフォンは圧倒的悪という役割だったので同情を入れる必要が無いということなのかもしれないけど…

 

オールドブルーについては彼のストーリーの終わりでああやって終わったのに

その後普通に生活してるんかい、で急にキャラが変わったこともなんか割とどうでも良くなったので良いです

 

なんというかツイッターにも書いたけど一言で言うと、

世界にとっての悪という設定のキャラクターを、正義という設定のキャラクターが倒すストーリーのためにキャラクターが捻じ曲げられたのが無理という話です

 

これだけ書いたけど、某ゲームじゃないが、ついていけないファンは切り捨てられた方が良いんだなと我ながら思う

ツイッターで全く炎上してないので、これは20代後半女の感性で読むストーリーでは無いということ

私が間違いなんですよね

スタッフコメントでもストーリーの話全然触れてないし、ストーリーにそんなにグチグチ言うゲームじゃないということです

ゲームは好きなのでやるし暴言はいたのでせめてワイズマンまではとりたいです

ゲーセンで見かけても殺さないでね

 

文句を言うのが間違いなんですよね